デリケート肌でも安心!ダメージを与えない肌ナチュールの無添加成分

無添加の肌ナチュールなら肌が弱い方でも安心~優しくクレンジング~

肌が弱い人ですと、毎日の使用する化粧品を選ぶとなると、含まれている成分に気を使うものです。化学物質を使用していない無添加の肌ナチュールであれば、肌に悪影響を与えることなくクレンジングを行なうことができるでしょう。

洗浄力が強すぎるクレンジングによって起こる肌トラブル

色々なクレンジングを試してみたのですが、どうしても肌が荒れてしまいます。何が原因なのでしょうか?
クレンジング化粧品は、肌に残留しているファンデーションを肌から強引に剥がし、洗い落とすための化粧品です。肌へと強固に密着したファンデーションを落とすには強力な洗浄力が必要となりますが、強すぎる洗浄力は肌にも大きな負担を与えてしまうため、使用していると肌荒れなどの問題が発生してしまうのでしょう。また、クレンジング化粧品の中には、吹き出物やアレルギーなどの肌トラブルを引き起こす成分が含まれていることもあります。洗浄力だけでなく、そういった成分が肌に悪影響を与えてしまうことも考えられるでしょう。

こんな成分には要注意

鉱物油などの合成油性成分
石鹸を始め、肌の汚れを落とす化粧品にはしばしば鉱物油や化学合成された油性成分が含まれています。鉱物油や合成油は、多くの場合石油が原料の油です。原料費は肌に優しい植物油に比べて10分の1であるため、リーズナブルな化粧品に多く使用されています。しかし、こうした油はベンジルアルコールや安息香酸アルキルなどの肌トラブルを引き起こす成分が含まれています。「鉱物油」「ミネラルオイル」「パラフィン」と記載された化粧品は、使用することを避けたほうがよいでしょう。
合成香料
多くの化粧品には、うっとりするようなフローラルな香料が含まれています。しかし、そういった香料は石油を使って化学的に合成された香料である可能性もあるため、使用する場合は成分に気をつけるようにしましょう。石油系の合成香料は、使用することで体の神経系へ影響を与えることが知られています。ホルモンバランスの崩れをもたらし、肌荒れを始めとしたさまざまな体調不良やストレスの原因となりえるのです。化粧品を選ぶ際には、香料に天然のエッセンシャルオイルが使われているかもチェックしておきましょう。
合成色素
洗顔用の化粧品やコスメには、美しい色彩を発揮するために石油系の合成色素が使用されている場合があります。石油系合成色素に含まれるタール色素は、発がん性が指摘されている成分です。毎日肌に使用していれば、発がん性物質が肌に浸透することが考えられ、皮膚がんを始めとした体への病変が懸念されます。~色~号と書かれた化粧品は全て合成されたタール色素なので、購入する場合は注意しましょう。

無添加の肌ナチュールはデリケートな肌にも安心して使える

肌に刺激を与える成分は含まれていないから安心ですよ。(30代/女性)

肌ナチュールのリッチモイストクレンジングは、他のクレンジング化粧品とは違い、無添加にこだわっているのが嬉しいですね。ホルモンバランスを乱す石油系防腐剤のパラベンや石油系香料を使っていないだけでなく、鉱物油や石油系色素も不使用なので、肌に悪影響を与えず安心して毎日使うことができます。私は以前までひどい肌荒れに悩まされており、化粧品コーナーでどの商品が肌への負担が少ないか、いつも何時間も探していました。しかし、肌ナチュールを使い始めたところ、肌荒れの問題がピタリと収まったんです。肌荒れの原因が石油系物質のアレルギーだったようです。今ではこの肌ナチュールは毎日のクレンジングに欠かせないものとなりました。敏感肌やデリケート肌の人にはオススメですよ!

一般的に使用されているクレンジング化粧品には、さまざまな問題物質が含まれています。いくら化粧品を替えても肌荒れが改善しないというなら、化粧品に含まれている添加物が原因かもしれません。肌ナチュールなどの無添加の化粧品へ交換することで、肌荒れの問題も改善するでしょう。

肌ナチュールの魅力は無添加だけじゃない~W洗顔が不必要~

肌ナチュールは、肌への負担を抑えるさまざまな魅力があります。成分が無添加であるだけでなく、洗顔不要でクレンジングができるため、必要以上に肌へ刺激を与えずに済むのです。

デリケート肌の人がやってはいけないクレンジング

肌に摩擦を与える
肌荒れを避けるためには、必要以上に肌へ負担を与えないことが重要です。誰でも一度は手軽にメイクを落とすことができる洗顔シートを使用したことがあるでしょうが、このシートは肌をこすってメイクを取り除く製品であるため、肌への負担が大きいことが問題となります。仕事を終えてクタクタな状態ですと、クレンジングなどをする余裕もないので、ついついこの洗顔シートを使ってしまいますが、デリケート肌の人の場合、肌への余計な負担を与えないためにもこうしたシートの使用は控えた方がよいでしょう。肌ナチュールなどのW洗顔が不要な製品ならば、シートで肌をこすらずにクレンジングができるだけでなく、洗顔も同時にできるので、必要以上に肌をこすらずに負担のない洗顔ができるのです。
必要以上に油分を落とすW洗顔
クレンジング後は肌がオイルでヌルヌルとした状態となるため、誰でも洗顔を行なって余計な油分は洗い落とすものです。これをW洗顔といい、オイルを除去すると同時にクレンジングで洗い落とせなかったメイクや水性の汚れを取り除くことができます。しかし、このW洗顔は肌を保護するバリア成分まで除去してしまうとして問題視されています。肌の皮脂は肌荒れやテカリなどをもたらすとして多くの人が悪いイメージを持っていますが、実は皮脂には肌の乾燥やダメージを防ぐという効果もあります。過剰に分泌される皮脂は肌トラブルの原因となりますが、バリア効果をもたらす必要最小限の皮脂まで取り除いてしまうと、乾燥肌などの肌トラブルを招くようになります。W洗顔をすれば、クレンジングと洗顔の2つにより過剰に皮脂を取り除いてしまいます。しかし、W洗顔をせずに済む肌ナチュールならば、必要以上に皮脂を除去することを避けられるので、乾燥肌によるリスクを避けることができるでしょう。

肌ナチュールは、無添加で肌に優しい上に、W洗顔が不要なので肌が弱い方にはぴったりなクレンジング化粧品です。肌トラブルに悩まされており、より質のよい化粧品を探し求めているという人であれば、一度肌ナチュールを利用してみるとよいでしょう。

無添加でW洗顔不要の洗浄力を発揮する「炭酸の効果」

肌ナチュールのリッチモイストクレンジングには、他のクレンジング化粧品にはない「炭酸」が含まれています。 多くの人は、使用後間をさっぱりさせるために炭酸が含まれていると考えるでしょうが、実はこの炭酸こそが肌ナチュールの持つ洗浄力のキーとなる要素なのです。 濃密な泡と炭酸は、肌に密着したファンデーションなどのメイクを自然に浮き上がらせ、肌を強くこすらずにメイクや汚れを浮き上がらせることができます。毛穴の奥の黒ずみや汚れまで洗い落としてくれるため、洗顔不要で肌を綺麗に洗うことができます。

デリケート肌の方の口コミ

肌ナチュールならヒリヒリせずに使えました。(30代/女性)

私は敏感肌なので、できるだけ肌に負担を与えずにクレンジングや洗顔ができる化粧品を探していました。そんな時に出会ったのが肌ナチュール。濃密泡で直接肌に触れずに、優しく泡で顔を包み込むだけでメイクをサッパリ洗い落とせるので、肌に負担を与えずにクレンジングができます。また、無添加なので使った後に肌荒れでヒリヒリすることもなくなり、今ではお気に入りの化粧品ですね。

乾燥肌と敏感肌が改善できたのでとても嬉しいです!(20代/女性)

わたしは長年乾燥肌と敏感肌に悩まされてきました。自分に合う化粧品を探している時、広告などでもよく見られる「肌ナチュール」を試しに使ってみたんです。大々的に広告されているものほど、期待していたほどの効果は得られなかったので半信半疑だったんですが、使ってみて1週間も経つと乾燥肌と敏感肌の問題が改善されたんです!お化粧のノリも断然変わり、周りから「どんな化粧品を使ってるの?」なんていわれるほどお肌の状態が変わりました。今ではこの「肌ナチュール」はもう手放せないですね!

TOPボタン